DAIGO GROUP

生活環境と自然環境の共生を目指す

海外共同事業

経済発展・都市化が急速に進む中、インフラ整備が不十分ことにより廃棄物・生活排水等による環境汚染が社会問題となっているミャンマーで、浄化槽の設置・維持管理による水環境改善に貢献しました。

廃棄物処理事業

日頃何気なく出しているゴミも”資源ごみ”を分別することにより、焼却するごみの量を減らすことができ、資源の有効利用による環境保護につながります。
また、産業廃棄物のほとんどは環境に有害な影響を与えるものが多く、再資源化を第一に考えた適切な処理を施さなくてはなりません。
大五産業グループは、国家資格を持つ者が長年の実績を元に処理に携わり、環境保全に努め、信頼を得ています。

浄化槽管理事業

家庭排水を浄化するために各家庭に備え付けられた下水処理プラント・汚水処理浄化槽も機能が低下していては意味がありません。大五産業グループでは、下水処理プラント・汚水処理浄化槽が最大限の機能を発揮できるよう保守・点検・清掃を行い水質改善に取り組んでいます。

下水道事業

地中に埋められている下水道管は、私達の生活になくてはならないものです。しかし、下水道管は老朽化や道路交通の振動によりどんどん機能が低下していきます。大五産業グループでは、私達が毎日安心して生活出来るように下水道の維持管理を行っています。

メンテナンス事業

設備の維持管理、清掃により快適な空間の実現に努めています。

リサイクル・研究開発

循環型社会の形成を目指して

次世代を担う子供達と美しい環境この二つを未来に引き継ぐための大切なキーワードは「循環型社会の構築」です。
3Rに代表されるようにリサイクル(再使用)を含めた高度な循環型社会を築くことが、私達に課せられた未来への責務なのです。DAIGOリサイクルセンターは廃棄物を資源ととらえ、個々の廃棄物に応じた適正処理と再資源化に努めるとともに、時代の変化に応じた新しいリサイクル技術を常に調査・研究し、より資源化率の向上を目指してまいります。

飲食事業

ホッと一息を提供する飲食店事業を通して明るく元気な社会づくりに貢献します。

地域サービス

グループ概要

大五産業グループは、環境悪化が懸念される中、資源循環型社会の形成を目指し、社員一人ひとりがプロとしての自覚をもち、生活環境の美化に日々取り組んでおります。
会社経営を考えた時、利益を追求し企業の合理化、安定化を計るのが一般的と言われている中、私は大五産業グループの代表者として、「損得」よりも「善悪」を最優先する企業でありたいと考え、奉仕の精神を持って社会にお客様に貢献することを経営理念としています。また、子育て支援事業や老人介護事業、スポーツ育成事業などを通じ、地域の街づくりを支えていく所存です。